Data
Science
BOOTCAMP

CONCEPT

『SOMPOホールディングス』と、デジタルハリウッドが運営するエンジニア起業家の養成学校
『G's ACADEMY TOKYO』が連携し、1ヵ月の短期集中でData Scienceのツールを学んだのち
SOMPOホールディングスが保有するビックデータを活用し、
一流メンターがサポートする「プロジェクトベースドラーニング」で
社会課題の解決や新規事業創出へ挑戦する実戦課題を経験することで、
短期間で一気に「データサイエンティスト」を養成します。

優秀者はSOMPOホールディングスのデータサイエンス研究所へジョイン(正社員登用の可能性も)でき、
データサイエンティストとしてのキャリアをスタートできるチャンスを提供します。
ぜひ、挑戦をお待ちしております。

D-STUDIO

『D-STUDIO』はSOMPOホールディングスが運営する「Data Science BOOTCAMP」のアルムナイネットワークを核として2018年7月にスタートしたデータサイエンティストコミュニティです。

アルムナイネットワークによる自主的なコミュニティ運営での勉強会やミートアップはもちろん、SOMPOのネットワークで「データ分析やアプリ開発の実案件業務」が集まるのも大きな特徴。

すでにデザイナーやエンジニアなども加わり活発なコミュニティに育っています。実務経験を創るチャンスを多くもつコミュニティに本コース卒業生は所属可能となります。

ENTRY

MENTOR

高橋 祥子氏

株式会社ジーンクエスト 代表取締役

高橋 祥子氏

1988年生まれ、大阪府出身。2010年京都大学農学部卒業。2013年6月東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程在籍中に、遺伝子解析の研究を推進し、正しい活用を広めることを目指す株式会社ジーンクエストを起業。2015年3月、博士課程修了。生活習慣病など疾患のリスクや体質の特徴など約290項目におよぶ遺伝子を調べ、病気や形質に関係する遺伝子をチェックできるベンチャービジネスを展開。現在は東京大学大学院農学生命科学研究科博士研究員、科学技術振興機構統合化推進プログラム研究アドバイザー、東京工業大学非常勤講師、個人遺伝情報取扱協議会理事も務めている。10年後に世界を変えるビジョンとテクノロジーを持った企業に送られる「リアルテックベンチャー・オブ・ザ・イヤー」受賞、「科学技術への顕著な貢献2015(ナイスステップな研究者)」に選定。東京大学大学院農学生命科学研究科長賞受賞、テクノロジー&ビジネスプランコンテスト優秀賞受賞など。

蔵田 武志氏

産業技術総合研究所 研究グループ長

蔵田 武志氏

1996年筑波大学大学院工学研究科修士課程修了。1996年電子技術総合研究所研究員、2015年より現職。2003-2005年 JSPS海外特別研究員(ワシントン大HITLAB客員研究員)を兼務。2009年から筑波大学大学院教授(連携大学院)を兼務。電子情報通信学会ISS庶務幹事。ISO IEC/JTC 1/SC 24委員ならびにSC 24/WG 9(拡張現実世界の概念と参照モデル)国内委員会主査。PDRベンチマーク標準化委員会委員長。サービス工学、複合現実・拡張現実、行動計測等の研究に従事。博士(工学)。

吉﨑 亮介氏

株式会社キカガク 代表取締役社長

吉﨑 亮介氏

舞鶴工業高等専門学校本科・専攻科にて画像処理(AR)、ロボット工学、制御工学の研究に従事。京都大学大学院にて機械学習による製造業のプロセス改善に従事。修士2回生で化学工学界で世界最高峰の国際学会ADCHEMにて最優秀若手研究賞を受賞。大学院時代は研究だけでなく、音声解析ベンチャーでの長期インターンや、複数のハッカソンにも参加し、最優秀賞を獲得。大学院卒業後、株式会社SHIFTに入社し、新卒1年目から日本最大規模のゲーム開発者カンファレンスCEDEC 2016の招待講演を単独で登壇。株式会社Caratを共同創業した後、株式会社キカガクを設立。

中林 紀彦氏

SOMPOホールディングス株式会社
チーフ・データサイエンティスト

中林 紀彦氏

2002年、日本アイ・ビー・エム株式会社入社。データサイエンティストとして顧客のデータ分析を多方面からサポートし企業の抱えるさまざまな課題をデータやデータ分析の観点から解決する。また、エバンジェリストとしてビッグデータをビジネスに活用することの価値を幅広く啓蒙。株式会社オプトホールディング データサイエンスラボの副所長を経て2016年より現職。重要な経営資源となった"データ"をグループ横断で最大限に活用するためのデータ戦略を構築し実行する役割を担う。また2014年4月より、筑波大学大学院の客員准教授としてデータサイエンスに関して企業の即戦力となる人材育成にも従事する。

OVER VIEW

6 WEEK
11月21日〜1月上旬

Data Engineering Phase

データ活用の事例・ツール操作

4 WEEK
1月上旬〜2月上旬

Project Based Learning Ⅰ

メンターとともに実戦的なデータ分析

4 WEEK
2月中旬〜3月中旬

Project Based Learning Ⅱ

データ分析+データ活用ビジネスの提案

DEMO DAY

SOMPOホールディングスが提供する
BIGDATA「Driving Data「Vital Data」

Driving Data

スマートフォンなどポータブルなセンサーデバイスの発達により、クルマの走行に課するデータが高頻度に取得できるようになりました。GPSからの位置情報は点から線になり、これまでに分析手法を超える新しいアプローチが必要になっています。これまでにない新しいアプローチを見つけて、走行データの新しい価値が見出されることを期待します。

Vital Data

FitbitやApple Watchのようなウェアラブルデバイスの進化により、これまでは専用の器具のある場所で不定期でしか取得できなかったバイタルが日常生活の中で、高頻度でモニター可能になっています。このような連続的なバイタルデータから健康に関するリスクを予測することで、健康に関する新たなサービスが生まれることを期待します。

DETAIL

開講日

2018年11月21日(水)19:30

期間

2018年11月21日〜2019年3月下旬

受講料

一般:98,000円/G's 卒業生:50,000円

※修了できると50,000円のお祝い金を支払う。

入学人数

25〜30名

授業・時間帯

開講から6週間:19:30〜22:00

メンター期間:週1〜2回チーム別で集合

発表会:別途日時指定

入学資格

(1)データサイエンスへの強い興味

(2)事業創造・新規事業への強い興味
※書類選考事業開発・製品開発経験者優遇
【審査内容】
・SOMPOグループの事業に関する課題
・テクノロジー活用による解決方法の提案

(3)Python基礎の理解
※Web開発経験の確認

授業会場

表参道 G's ACADEMY TOKYO BASE

〒107-0061
東京都港区北青山3-5-6 青朋ビル2F
HPはこちら

SOMPOホールディングス株式会社

〒160-8338
東京都新宿区西新宿1-26-1
HPはこちら

CURRICULUM

date curriculum
Day 1 11/21(水) 概論 データサイエンス概論
統計解析入門 データを要約する:集計表・基本統計量・グラフ表示
Day 2 11/27(火) 統計解析 データを確率として捉え直す:確率分布
Day 3 11/30(金) データの背景にあるものを推測する:点推定
Day 4 12/3(月) 推測の正しさを確かめる:区間推定・検定
データ同士の関係を把握する:散布図・相関・重回帰分析
Day 5 12/5(水) 数学の復習
Day 6 12/7(金) 数学の復習
Day 7 12/12(水) 統計解析 カテゴリデータを扱う:ロジスティック回帰
予備・演習
Day 8 12/14(金) 機械学習 機械学習の分類
主な分類モデル:決定木・ナイーブベイズ・kNN・SVM
Day 9 12/19(水) 主なクラスタリングモデル:k-means・mean-shift・階層的クラスタリング
学習結果を評価する:テスト・不均衡データの扱い
データを加工する:欠損値・スケーリング・特徴追加・外れ値
Day 10 12/21(金) 最適化の仕組みを理解する:勾配降下法
学習結果を改善する:正則化・クロスバリデーション・次元削減
Day 11 12/26(水) 深層学習 深層学習の基礎:フィードフォワードニューラルネットワーク・内積の意味
PBL1 1月上旬〜2月上旬 バイタルデータ
PBL2 2月中旬〜3月中旬 ドライビングデータ
DEMO DAY 3月下旬

※ 各日程予定を変更する場合がございます。

ORGANIZER

ENTRY

本BOOTCAMPはデジタルハリウッド株式会社の
プライバシーポリシーに準じます。
© 2018 SOMPOホールディングス株式会社